愛犬のご飯についてアレコレ

愛犬のご飯、ドッグフードについてアレコレご紹介しています。
MENU

ずっとメインな愛犬のご飯

 

私の家では、コーギーを一匹飼っています。ペットコーナーでは犬種によってオススメなエサが分けられている事もあり、ブランドとしての歴史もある、ごん太のふっくらソフトをメインのご飯として与えています。

 

勿論、犬種別のパッケージの中で選んだのは、コーギーがプリントされたふっくらソフト。私が飼っている犬の毛色も茶色と白で似ている事もあり、少し親近感も沸いたのもあるかもしれません。

 

外観ですが、袋の中は、子分けのパックに分けられているので、無駄に開封せずに済みます。エサの方はコロコロと丸く、食べ易そうな柔らかさですが、噛みごたえも多少はありそうな感じです。

 

大体与える時は、朝と夕方に、レトルトパウチ等と合わせて与えていますが、たんぱく質やカルシウム等、愛犬に必須な栄養素も含まれていて、毎日のバランス良い食事を、促進できそうです。

 

幼かった愛犬も、今はもう7歳になりましたが、ずっと愛用しているドックフードのメインは、このごん太のふっくらソフトです。今でも元気に散歩をしたり、遊んだりできるのも、健康的な食事を摂れているおかげもあるのかもしれません。

 

もし突然、製造を中止したら、これから愛犬に何をあげればいいのか混乱してしまいそうな程のリピーターになってしまっているので、是非これからも、ブランドを守って頂いて欲しいですね。

 

そこまで高額じゃないけどとりあえず安心なドッグフード

 

我が家のポメラニアンは先月やっと一歳を迎えました。仔犬の時に避妊手術を済ませたのですが、手術前は普通にドッグフードを食べてくれたのですが、避妊手術から退院してから、イマイチドッグフードの食い付きが悪くなったのです。おまけに愛犬は食糞の悪い癖もあって、ずっとドッグフード難民状態でした。

 

我が家に来てから一番最初に与えていたドッグフードは臭いがキツイせいか、それが原因で食糞するのではと獣医さんからアドバイス頂き、臭いの少ないフードを紹介されたのですが、あまり食べてくれず、そのフードは犬にとってはあまり好ましくない原材料のフードで困っていました。穀物系が原料のメインだったのです。確かに嫌な臭いはあまりせず食糞は治まってくれましたが。

 

そんな悩んでいる時に、たまたま旦那がネットでアーテミスと言うアメリカのフードを見付けて、犬にとって良いとされる肉メインですし、何より添加物が少ないので人間でも安心して食べられると言うフードでした。添加物が少ないのにそこまで高額じゃないので与えやすいと思って切り替えてみました。

 

相変わらずフードの食い付きは微妙ですが、ふりかけを掛けたりウェットと混ぜたりして喜んで食べてくれます。

 

ドッグフードはふやかして食べさせると良い。

 

ドライタイプのドッグフードは、経済的で日持ちもするし、わんちゃんの餌の基本ですよね。
子犬のときは、パピー用のドライフードにパピー用の粉ミルクを混ぜて食べさせてる方も多いのではないでしょうか。

 

大きくなってからは、カリカリのままあげられるので、そのまま食べさせていませんか?
実は、カリカリのままあげるよりも、お湯で少しふやかしてあげる方が水分もしっかり取れるからオススメなんです。

 

我が家の犬は、普段あまり水を飲まなかったせいか、避妊手術の時の血液検査で血液ドロドロ、水分不足という指摘を受けました。
なるべく水分とらせてね!と先生に言われるも、どうやって飲ませたらいいのでしょうか?

 

獣医の先生からは、ドライフードをふやかして、一緒に水分をとらせて。というアドバイスを。
なるほど、その手があったか!と、さっそくふやかしてあげることに。お水でも良いのですが、少しぬるめのお湯でふやかす方が食いつきは良いです。

 

獲物と同じ体温を感じられる温度が良いという理由です。また、ぬるま湯をいれるとドッグフードの香りも増加するので、わんちゃんの食欲も増進します。
暑い夏場は特に水分を取らせた方がよいので、ぜひ試してみてくださいね。

このページの先頭へ