迷いだしらたきりがない!ドッグフード選び

ドッグフード選びでは、迷いだしたらきりがありません。ドッグフードを選ぶ秘訣をご紹介します!
MENU

悩みだしたらキリがないドックフード

ドッグフード

愛犬のドッグフードを調べようとネットで検索したら出るわ出るわ。いろんな人のいろんな主張、こだわりがあって余計に分からなくなりました。手作りフードが安心なのは分かりますが、自分で愛犬のための偏らない栄養を考える自信はありませんでした。

 

かえって足りない栄養素が出そうな気がして。調べた結果、良質と思われるドッグフードを何種類か選んで、お値段とも相談して、いろいろ順番に変えながら与えています。少し前の日本の犬はドッグフードなんて与えられずに、ご飯の残りをもらってましたよね。

 

人間の食べ物ですから犬に必要ない塩分はタップリ。犬の為の栄養なんてあまり気にされてなかったと思います。欧米のフードはそんな日本より少し先を行っている気がしています。人間と同じ基準で作られた、安心素材を使用、などと記されたプレミアムフードを選んでいます。

 

ただいくら評判が良くてもあまりお値段が高いプレミアムフードは無理なんですけど。食いしん坊の愛犬は新しいフードに替えても有り難いことに「これは食べたくない」なんてことは今まで無いので、いろいろ良さそうなフードを試すことができます。勿論、愛犬の体調に注意しながらですけどね。

 

犬にとっては日々の喜びの一つだし、健康で長生きして欲しいので、これからも良質のフードを与えていきたいと思います。

 

我が家の犬のドッグフードはロイヤルカナン

我が家では3歳になる柴犬を飼っています。私がキッチンで料理を始めると、必ず私の様子を見に来る食いしん坊な犬です。

 

そんな我が家の愛犬が大好きなのはキャベツの芯、ニンジン、豆腐などです。
不思議なことに同じキャベツでも、キャベツの葉の部分は嫌いだし、春キャベツにいたっては葉の部分どころか芯の部分も食べません。

 

もちろん、これらの食べ物はあくまでも副菜やおかずのようなもので、メインの食べ物は市販のドッグフードを食べさせています。

 

我が家で与えているドッグフードは主にロイヤルカナン柴犬用(成犬、高齢犬用)です。

 

犬を購入したペットショップのオススメのドッグフードでしたので、そのまま続けているという感じです。
内容量が800グラム、3キロ、8キロの3種類がありますが、経済的な面を考えると、やはり大容量のものがお得になってくるので、我が家ではいつも8キロのものを購入しています。

 

ただ、大容量のデメリットは食べきるまでに時間がかかるので、最後のほうでは風味や鮮度が落ちてしまっているということです。

 

ロイヤルカナンは大容量のものであっても、中で小分けされていないので、余計に風味が落ちてしまうのだと思います。

 

我が家の犬は風味が落ちていても喜んで食べてくれているので、困ってはいないのですが、袋を開けたばかりの新鮮なドッグフードを与えると、食いつき方が違うので、やはり鮮度や風味の違いが分かるようです。
ロイヤルカナンの大容量も小分けタイプが販売されるといいのになと思います。

 

このページの先頭へ