ペット用品について

ペット用品についてご紹介しています。
MENU

ペット用の食品

ドッグフード評判

犬を飼うようになり、ペットショップや、スーパーのペットコーナーを覗く機会が多くなりました。ペットフードの多さに驚きます。犬、ネコを問わず大きさも好みも様々ですから種類が多くなるのは理解できます。

 

いわゆる主食とされる物以外のペット用のおやつ類の中には人間が食べているものと同じような物もあります。ビーフジャーキー、クッキー、牛乳etc.いろんな物がありますが、しかし、成分を見て少し疑問を感じています。主食類の物には非常に多くの栄養素が添加されて、栄養価のバランスを取るよう工夫されています。

 

おやつ類の物には人間が食べるものより多くの添加物が入っています。犬やネコには人間の食べているものをあまり与えてはいけないと言われています。砂糖、塩分等は良くないと聞いていたのにです。ペットショップで売られている犬猫用のケーキ等特別な時用のフードには「砂糖不使用」等と書かれています。

 

人間より、小さく,抵抗力の弱いペットが食べる物に対して何故その様な物を入れているのでしょうか。無添加の人が飲む牛乳ではいけないのでしょうか。我が家ではサイコロの馬肉や鳥の笹身をオーブンでカリカリに焼いたものをおやつにしてあげます。顔が変わるほど歓んで食べます。もっとシンプルな物を望みます。

 

犬に与える食事について

犬も食事には気をつけたほうが良いです。ドッグフードならば何でも良い、というわけではないです。そこだけは勘違いしないようにしておいたほうがよいです。いくつか選び方がありますが、その一つがなんといってもまずはカロリーです。

 

意外と現代の飼い犬とはカロリー過多になっています。これは注意したほうがよいでしょう。絶対にドッグフードしか与えない、というのであれば問題ないこともありますが、それでも分量は良く考えておくべきです。それとおやつなどにも注意が必要です。

 

一日何個まで大丈夫なのか、ということをよくチェックしておくのが大事になります。選び方ですが、金銭的な問題もありますが、やはり添加物などが入っていないことが最低限の条件になります。やはり犬にとっても食品添加物や防腐剤というのはよくないからです。

 

むしろ、人間よりも体が小さい分、リスクが大きいといえるほどです。そこをよく理解して、愛犬のためによいドッグフードを購入することを心がけるべきでしょう。今はネットで評判を見ることも簡単にできるようになっていますから、探すこと自体はそんなに難しくないです。後は獣医などの意見も聞いて、愛犬の口に合う物を選択しましょう。

 

ドッグフード評判!みんなが選ぶおすすめランキング

このページの先頭へ